ガレージ月面車 ブログ

                                 月面車ルノーセニックRX4のこと、食べ物、音楽、オーディオのことなど、気まぐれに

コーヒー

う~ん、違う!

今日はキャンプ用の珈琲を買いに行って来ました。

MERIDIAN205パワーアンプの片割れをB君宅に引き取り方々彼を誘って、まずはいつもの宮本珈琲店へ。

af3815c9.jpg

687c1e46.jpg


今日は「マラウイ」を1杯とバタートーストを。
珍しく開店早々の時間に行ったので、朝ごはん代わりのトーストです。

ハイブレンドやマラウイの豆を買って帰ることにしたのですすが、B君がバッハに行ったことがないということで、空いている都内を横断してバッハへ。

d43ab332.jpg

82c6748e.jpg


バッハはデロンギのトースターを使っている!

で、比較ということでここでも「マラウイ」を注文。
濃いめにしてもらいましたが、まだまだ薄い感じでした。

4a0ef8e6.jpg


香りと味はどちらもスムーズに感じる宮本さんの方が好みかな。

このあとは海のそばのディーラーにカングーを見に行って、西海亭で遅い昼食をしてB君を送って帰宅。

たまには早起きして都内というのも、道が空いているこの時期、すごく時間を得した気がしました。

ザッセンハウスのミル

しばらく前、オーディオ仲間のB君からメールがあり「オーストリアにいます。ザッセンハウスのミルを買いました。あと二つあるのでひとつどうですか?」と。
こういわれちゃ「お願いします!」の一言です。

というのもこのメーカーはすでに倒産しており、もう簡単には手に入らないからです。

しかも送ってきてくれた画像を見ると、私が欲しいタイプのものだったのでした。

・上部の豆の入れるところが開放型でない。
・挽き具合の調整ネジが連続式であること。
・色がウオールナットで落ち着いている。


で、出張から帰ったその日に連絡があり、翌日持って来てくれました。

f1d7ed76.jpg


4ce29e07.jpg


c5e83b32.jpg


da099106.jpg


「KAFFEE」と書いてあるところが金属のエンブレムでないのが残念ですが、今となっては仕方がない話です。
印刷にしてコストダウンをしたのだと思います。

早速挽き具合を試してみると、予想通りきれいに粒揃いで挽けます。
挽いているときの音も、かなり精密なできというような音がします。

実は以前、別な形のザッセンを買って持っていたのですが、結婚したときに実家に置いてきたので、その挽き具合の良さや調整のしやすさはわかっていました。

というわけで念願のザッセンハウスのミルが手に入ってとてもうれしい今日この頃です。
大事に使おうと思います。

水出し珈琲作りとその間

昨日は水出し珈琲を作りました。

d7884b93.jpg


準備中の状況。

4ee27d41.jpg


お湯を冷ましたり、豆に水分を馴染ませたりしています。


準備が出来たら(って、これが数時間後なんですが)滴下開始!

89bc604b.jpg


db0b6870.jpg


11f74051.jpg


滴下量を調整してときどき様子を見ます。

完成は6~8時間後。

出来上がる間に夕食をということでこちらへ。

984b7fab.jpg


d9c231a1.jpg


c5fb9a88.jpg


しっかり食べて家に帰ってみると、その間に出来上がり。

その後うまい具合にBachiさんがやってきて二人で試飲。

今回はさらっと飲める感じで成功でした。

トラで水

以前「承諾?」で会社用のコーヒーマシンを買うことになったのですが、年末にあちこち見て回って、結局これを買いました。

573a7a0b.jpg


タイガーのコーヒーメーカーAC0-A060なんですが、「水出しコーヒーができる」というのにかなり惹かれて(でもあまり期待せず)購入決定!
そのせいか一応浄水機能(フィルター)も付いています。
残念ながら自動蒸らし機能とミルは付いていませんが。


本体外観はこんな感じです。
水を入れるタンクがタワーの部分ではなく、ちょうどサイフォンの上の部分のように独立していて、水を入れてきたら中間の部分に乗せてはめ込むようになっています。

b41a8cf1.jpg


中間の部分にはホットと水出しの切り替えレバーが付いています。

50df57e9.jpg


年明けから早速使っていますが、ホットコーヒーはまあまあの出来で入ります。
最近になって豆の上手な蒸らし方がわかり、もう少しまあまあの味になってきましたが、まだもう少しです。
といっても手で入れるのにはかないそうにありませんが。

今まで豆の関係でホットコーヒーばかり入れていましたが、昨日会社の近所で多少良さそうな豆を買って来て「水出しコーヒー」を落としてみました。

171d8ea2.jpg


水出しをやるときはレバーを右に回して水の落ちる量を調整できるようになっています。
一番右まで回すとシャワーのように水が落ちます。(ので、画像のような位置でポツンポツンと落とします)

さて、落とし始めて3時間強。思ったより相当早く抽出完了。
かなり遅く落ちるように調整したのですが、仕事中にたびたび様子を見るわけに行かないので放置してました。

終了後の豆はこんな状態。

b79acb98.jpg


思ったよりムラなく落ちていた様子。

サーバーの方はこんな様子。

9031abc2.jpg


肝心な味と香りは、豆が豆なのでそれなりでしたが、まあまあ成功でした。
会社でこれを飲めるなら充分というところでしょうか。
もっといい豆で作って味わってみたいものです。

それにしてもこんなメーカーが水出し機能を付けるという事は、それなりに水出しコーヒーが知られているっていうことなんでしょうかね?

3年熟成 蔵出し オールドビーンズ

先日ドトールに行ったらこんなチラシが。

db5d4817.jpg


22日発売開始というので、散々考えたあげく(やめときゃいいのに)1袋200gわざわざ予約。

入荷したと連絡あったので(というか店に飲みに入ったら飲むものを注文する前に言われた)買ってきた。980円也。

ae41757d.jpg


うんちく。

1dd79985.jpg


現物。
もすこし深入りだといいのに。
ダメ豆が仲良く詰め込まれているのはご愛嬌。

9ffd9eeb.jpg


抽出後。

cb06eaad.jpg



感想。

袋入れが18日らしい。
ガス臭くて、どんなに頑張っても、まだまともに飲めません。

逆でしょ~よ!

会社にコーヒーメーカーがないので、あちこちでいろいろ探したあげく、地元ドトールに手ごろな値段で手ごろな量を入れられるタイプがあったので、買って会社に持っていった。

早速開梱。

64a0b7cd.jpg


マグカップで2杯分程度入れられるらしい。
でもペーパーはいわゆる102タイプの大きさ。

なにやら本体にタグが付いているのでさっさと取って捨て、コーヒーを入れようと思ったが、取ろうと思ったタグに気になる文字を発見。

5c12d2d1.jpg


「90度以下のお湯でドリップさせない バイメタル方式」って書いてある。

もっと低い温度で抽出して欲しいんですけど!

このマシン、プレビアって名前らしいけど、エスティマの海外での名前と同じ!?

ちなみに早速試飲してみたところ、やはり苦味がちょっと出ます。
自動とは言え蒸らしはしてくれないので、セルフで蒸らしをすると多少出来上がりが違います。

ハイブレンド仕入れなきゃ。

季節物 2

前にこちらで紹介した宮本珈琲店のコーヒーゼリーですが、今回豆を買いに行った時に食べてみました。

画像は夜景モードと通常モード。

2dce1d52.jpg

dff266f6.jpg


最初は何も入れずに数口。
ちょっとだけ苦味を感じますが、濃くもなく薄くもなく。

次にシロップを入れて甘味を追加。
適度な量を入れると、スッと苦味が消え食べやすく。

さらにミルクをちょっとかけるとまろやかに。

数をたくさんは作らないようなので食べたい方は早目に行きましょう。
日曜は定休日。
ホームページはリンクにあります。

買って来た豆は水出し&アイスコーヒー用にフレンチブレンド、普通に飲むのにハイブレンド、ストレートはペルーを。

水出しの器具が復活したのでフレンチの消費が増えそうです。

水出し珈琲 完成!

昨日の朝できていた水出し珈琲ですが、先程飲んでみたところほんの少し薄めでしたが、成功でした。OK

8e016b62.jpg


次回は週末に「宮本珈琲店のフレンチブレンドでやってみよう!」と思ったのですが、なんと豆の買い置きが、飲んでしまったので、ない!

また仕入れに行かなければ。

復活!水出し珈琲

かっぱ橋の珈琲器具専門店「ユニオン」で、Ojiの水出し珈琲の器具のパーツを買ってきました。

水出し珈琲の器具はこんな感じです。
これは今回買って来たパーツを早速セットして落とし始めた状態です。

3810e240.jpg


この器具を買ったのはもう15年位前です。
が、てっぺんの水を入れるボールはゴムの栓の中央に金属のパイプが貫通しているのですが、2年くらい前にゴムがダメになってこんな状態。

464b8fc5.jpg


この栓が取れなくなったので水出し珈琲を入れられなくなってしまいました。

今回買って来たのは最新のボールと栓、フィルター。
一番右の「ピンセットのできそこない」のようなものは機会を改めてご紹介の予定。

e023fc04.jpg

f2c75dd9.jpg


栓は材質がシリコンに変わっていて、長持ちしそうですし溶けて取れなくなることもないでしょう。

良く見ると栓を貫通している金属のパイプの長さが短くなっていて、途中に溜まる水の量が多くなるようになっていて、前は溜まる水の量が少なくなると滴下する水が止まることがあったのですが、今度は水の重さが重くなるので大丈夫そうです。
当然コックの調整幅も広がります。

ボールの口もヘンにガラスを膨らましていないので、水の量を減らす時などに回りに水がたれず使いやすそうです。

さすがに長い間販売していると仕様が変わっていますね。
ちなみに現行品はスタンドも片持ち式でなく、両側に柱があるタイプに変わっています。

早速器具の洗浄をして、一緒に買って来たフィルター(これまた内部にセットするステンレスの穴開きプレートがなくなってしまっていた)も熱湯消毒して、バッハで買って来たイタリアンブレンドを挽いて、ノースランドで汲んできた水を沸かし冷まして、滴下開始。

しかし滴下開始までは相当時間が掛かります。
これがこの器具でおいしく出すためのポイントなんですが、このコツを掴むまで試行錯誤して5年くらいかかりました。
当然その分豆も消費。相当な授業料だったかも。

さらに滴下を開始しても、必要な量まで落ちるまで相当時間がかかります。
なので、夜準備して寝る前に滴下開始、そして朝完成となります。
途中で滴下が止まってしまうとアウト!
失敗作になります。

使う豆の種類は選ぶし(これは味の好みもあるのですが)、使う量が通常の倍位と燃費が良くないです。

しかしうまくでき上がると、それはそれは普通の珈琲とは違う「ワインのような香り」と、口当りがほんのちょっとトロッとした、コクのある珈琲ができます。

さて、今夜セットしたこの珈琲はどんな具合にできあがるでしょうか?
楽しみです。

ひさしぶりにバッハ

今日は嫁さんが浅草橋に行きたいというので、子供を預けて二人で都内へ。
私は久しぶりにバッハに行ってきました。

d8f5f403.jpg


現地で月面車仲間のakiさんと待ち合わせ。
コインパーキングでパチリ。

e4aa7cdb.jpg


akiさんはコーヒーのあとコーヒーゼリー、後から着いた私はアイスコーヒー(濃い目。だけどもっと濃くてもOK!)

cb1aa5e5.jpg

b2d0d32f.jpg


いろいろと話しをしたりして、豆を何種類か買いました。

この後はかっぱ橋に行ってみました。

そして、例の2種類作れる鍋を発見。
以外と安いです。

d72fba19.jpg


しかし、今回は買わず、前から探していた別なものを見つけたのでそれを買いましたが、鍋ではありません。
2年ほど使えなかったものを使えるようにパーツを買ったのですが、これについては別にアップします。

それにしても駐禁が厳しくなった都内は空いていて走るのが楽ですね。
その分電車に乗る人が増えたのでしょうか?
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ