ガレージ月面車 ブログ

                                 月面車ルノーセニックRX4のこと、食べ物、音楽、オーディオのことなど、気まぐれに

電車

デヤデヤ ガタブル

CIMG9808

2012/2/26。
この日は月面車10年の日でしたが、大綱橋にはカメラの大放列。

用事を済ませ、私も土手の方に参列。

やってきた電車はこんな電車。
それもこの日限りのさよなら運転。

CIMG9841

CIMG9860

CIMG9881

CIMG9895

↑綱島~大倉山 60連写の一部。

この電車は東急デヤ7200+7290。牽引車+電気検測車。
回送する電車をサンドイッチして牽引したり、設備の測定をする用途なので事業用車両。
だから目にすることは少なく、お客さんは乗車不能。
ということで「東急のドクターイエロー」的存在で人気あり。
またステンレス王国(古い!)東急ではたった2両のアルミ車体の車両でした。
元は旅客車なので、昔乗った思い出がありますが、冷房がない時代のお話。
ステンレス車と連結していて妙に白っぽく見えたのが印象的でした。

今までこの電車は一度も写真を撮ったことがなかったので、ここの土手でKAZU_evo9.5さんと合流。
そして下りの後、上りを待ち構えるも、時刻の読み間違いで大撃沈。
目で見送るだけに。

そこでこの後の行程を、短時間で効率的に撮影できそうな3か所で撮影。

↓自由が丘~田園調布 29連写の一部

CIMG9960

CIMG9970

CIMG9975

CIMG9982

↓田園調布~奥沢 60連写の10枚ごと。

ここでは散歩をする人などに「何か来るんですか?」と聞かれたり。

CIMG0133

CIMG0143

CIMG0153

CIMG0163

CIMG0173

CIMG0183

CIMG0192

↓緑が丘~自由が丘

CIMG0242

CIMG0243

これで撮影は終了。

やたら気圧の変化に敏感になり、悪寒がするのでさっさと帰宅し、寝たものの、ガタガタブルブル夜中に熱でうなされ目が覚める始末。
デヤの置き土産に何か菌をもらったようで、翌日以降も体が撃沈しております。

追記

渋谷駅ではこんなイベントもあったらしい。

YouTube

FBM2011 行き過ぎの寄り道2

CIMG9300

アオガエルの後輩は元京王井の頭線の3000系。
元はアオガエルみたいに平面の二枚窓でしたが今はパノラミックウインドウの顔になってます。
レインボーカラーでないのがちょっと残念ですが、結構斬新な塗装です。

CIMG9303

CIMG9289

アオガエルが保存されている脇にはもっと古い保存車?が。

CIMG9251


CIMG9252

CIMG9253

昔の貨車ですが、倉庫か物置みたいです。
木造ってのがまたすごい。
ノースランドの馬車も真っ青(笑

そしてもう一台、アオガエルの脇にこんな保存車(?)がいました。

CIMG9348

ボンネットの隙間から草が。

CIMG9349

木造貨車に対抗している?

ワイパーの取り付け穴が手前にもありますが、左ハンドル用でしょうか?

ちなみにアオガエルが保存されている新村駅はこんな感じの駅です。

CIMG9308

パスモやスイカは使えません。
切符の販売機も自動改札機もないので、都会の子供たちは電車に乗れないかも(笑

FBM2011 行き過ぎの寄り道1


CIMG9330

今回のFBMに行くついでに見に行こうと思っていたのがこの「アオガエル」。


CIMG9256

松本電鉄5000型、元東急5000系。

この夏に東急ライトグリーンに塗り替えられたという情報があったので、昔は通学でよく利用したなつかしいアオガエルの姿を見に行きたくなりました。

アオガエルなら渋谷の駅前にもありますが、あちらは車体が半分になり台車も床下機器もないので、寂しいしかわいそう。
もうひとつ、熊本では現役で走っていますが見に行くには遠すぎる!

松本電鉄ではすでに営業運転には用いられず、車庫で保管されていましたが、松本電鉄カラーはアオガエルには派手すぎてちょっと好みではありません...。
「5000系はこの色じゃなきゃ!」

特徴的な車体裾の丸み。

CIMG9308_1

CIMG9341

高性能車初期の直角カルダン駆動の台車。
走行音は現代の電車より静かかも。
ホイールベースが長いのが特徴。

CIMG9345

車体だけでなく床下の機器や台車も見えるところは塗り直されていました。

現代の車両に比べると意匠性が高いように思う各パーツのデザイン。
その中でも正面の湘南顔はどこを切り取っても「アオガエル」。

CIMG9354

CIMG9336

CIMG9329

以下こんな感じで止まっていると元住吉の裏みたいな感じで、今にも走り出しそう。

CIMG9272

CIMG9270

CIMG9328

CIMG9317

CIMG9282

せっかくなので何かお土産ということで復活記念乗車券(¥350)を買いました。
少しでも収入になってくれれば。

これはたぶんユーモアです。

CIMG9350

のどかな景色が広がるここで長く保存されて欲しいですね。

CIMG9299_1

CIMG9342

そういえばアオガエルと月面車、丸っこいのも色も似ているような。

どちら様でしょうか? 電車編2

またまた元住吉にいた見慣れない電車。

CIMG8449

西武6000系、別名「バカ殿」と言うらしい。

CIMG8450

確かに顔面が白くて志村けんの「バカ殿」に似ているかも。

有名な箱根戦争とか思い出すと西武と東急が乗り入れだなんてウソみたいな話ではありますが、それよりも元町・中華街から川越とか所沢まで直通するっていうのが不思議。
乗り通す人っているんでしょうか???
あ、身近に2名、一度はやりそうな人がいますけど。

CIMG8452

どちら様でしょうか?電車編

元住吉にいた見慣れない電車。

CIMG8422

中央がその東武9050系。

東上線→有楽町線→南北線→目黒線経由でやってきたはず。

いずれ東横線渋谷駅が地下の駅発着になると、直通運転されるので普通に見られるはずだけど、今は貴重な1シーン。

しばらく前、メトロ7000系も来ていたらしいので、今後副都心線を走る電車は交代で東横線に試験にやってくるでしょう。

それにしても西武や東武の車両が埼玉からみなとみらいに来るなんて、なんだか不思議。

青い回送電車

今日仕事の途中、四ツ谷駅の階段を下りて快速ホームに降りたとたん「青い電車」がやってきてビックリ。

元は中央線でも走っていた201系。
行先表示機には紙で貼った「回送」の表示。
これは京葉線の車両の廃車回送であるとすぐにわかりました。
電話のカメラで撮影するも失敗。
後姿を見送りました。

このあと三鷹まで出掛けるので、すぐにやってきた次の電車に乗りました。

新宿でドカっと人が降りると見えたのは先程見送った「青い電車」。

CIMG6807

車内の人もホームの人も、新宿駅では見慣れない色の電車を見ている人多数。

間もなくして私の乗っている電車が発車。

窓から何枚か撮影。

CIMG6809

CIMG6810

CIMG6811

CIMG6813

車内照明も消えているし、なんだか寂しげな雰囲気を漂わせてました。

きっと長野に行って、モーター(ブラシ)は関西に提供されるのではないかと。

デビューした時は「省エネ電車」でしたが、後輩の電車は「もっと省エネ電車」になってしまいお役御免に。
関西では整形手術をされてまだまだ現役なんですけどね。

関東でのお勤めご苦労様でした。

コルシカ島のルノー製気動車


CIMG8888

「鉄道ファン4月号」
こちらの雑誌も最近あまり買わないのですが、気になる記事があったので購入。
「ルノー製気動車の走る 地中海 コルシカ島に新型気動車デビュー」
鉄道の雑誌に「ルノー」の文字が出てくるなんて相当珍しいのではないでしょうか。

CIMG8889

前面4枚窓の赤とクリームの車両がそのルノー製気動車で、製造が1940年代後半のABH8型というそうです。
少なく見積もっても60年以上走り続けているというのは凄いです。
鉄道車両は丈夫なんでしょうか(笑

代りはCFDバニェールという会社のAMG800型だそうで、近代的でフランスらしい内外のデザイン。

それでもABH8型は1両が昔の姿のままで映画撮影用などに保存されるそうです。

ルノー製気動車はこんなのもあるようです。

ABJ1

ABJ2

ABJ3

X4200

X3800

運転台が凄い場所にあります。
その名も「ピカソ」!
これ気になるんですよね。

さよならなねずみ

新幹線500系の東京乗り入れが終焉に近くなってきました。

最近は「鉄な人達の脱線」がニュースをにぎわしていたりしますが、この件でもそんな人(達)が発生しないことを祈ります。
鉄道は、「マニアが写真を撮ったり録音したり録画したりするために走っている」のではなく、「走っているのを撮らせたりさせていただける」というはずなんですけどね。

それはともかく、最近暖かくなってきて、先日ちょっと都内に出かける用事がありちょうど500系が通過する時間が近かったので、多摩川べりに行って撮影してみようと考えました。

多摩川駅から多摩川線に乗ろうとするとこんな車両でした。

CIMG8860

東急7700系クハ7910。

今やクハ7900型の10番目の車両ということで7910という番号が付いていますが、元をただすと「デハ7001」。
日本初のオールステンレス車のトップナンバーで昭和37年製造。
屋根の丸みが単一でアメリカンスタイルです。
1987年以降VVVFインバータ制御、冷房化で7700系になり現在に至ってます。

元の姿に近い姿はこちら。
現弘南鉄道7000系。
冷房なし。

08270047

新幹線500系の話なのについつい「脱線」(笑

500系の撮影に行った場所は、東急多摩川線沼部駅から歩いてすぐの多摩川の鉄橋。

やはり同じ目的の方が20人ぐらいいて、思い思いの場所に陣取っての撮影でした。

この日は靄が濃く、被写体が遠いのでちょっと条件は悪かったですね。
晴れても逆光なのですが、500系は色が暗めだし東海道撤退の仇となった丸い車体なので晴れで逆光の方が良かったかも。

とりあえず通過時間まで他の車両で連写の試し撮りを。

300系とN700系のすれ違い。

CIMG9015

トリミングして拡大。

CIMG9177


そのうちこれもお騒がせする人が出そうな300系。

CIMG9044

トリミングして拡大。


CIMG9176


結構靄の影響が...。

そして本番の500系。

CIMG9070

CIMG9102

CIMG9126

2枚目を拡大トリミング。

CIMG9178

EX-F1の連写機能を使ってシャッター押し続け60枚一気に撮影したものから抜粋しましたが、ビデオのように移動しながらも撮れるので結構便利。

下りも撮ろうと思いましたがこの日は残念ながら時間切れ。

2/28日曜日が最後なので自宅から見送りかな?

もうすぐサヨナラな「ねずみ」

1646ed23.jpg


0c5894f6.jpg


防音壁が高くなったのでスッキリとした写真が撮れませんが、マンションの5階から見た新幹線500系です。

この500系は新幹線で初めて300km/hを実現した車両で、スピード感ある戦闘機のような先頭部がカッコいいのですが、東海道区間に姿を見せるのはいよいよ来年2月頃までとなりました。

今は我が家前を昼頃に上るのとその折り返しの2回しか見ることができません。

断面形状が飛行機のように丸く、色がグレーと青で、新幹線の中ではユニークな存在といえますが、N700系などと比べて車内がせまく感じたり、先頭車の前のドアがない、東海道区間では実はN700系より遅いなど、中途半端な存在になってしまったようです。
しかしこのまま引退とはならず、短くなって山陽区間のこだまとして引き続き使われています。

身近に見られなくなるのはちょっとさみしいですが完全引退ではないので、関西以西に行けば見られます。

オマケで先日昼間上り走行した「黄身」ことドクターイエロー。

2be4e18c.jpg


早いので連写で狙って撮影。
やはりブレブレ。
昼間上りで走行するのは珍しいと思います。

ウチでは普通の新幹線は「白味」、500系は「ねずみ」、ドクターイエローは「黄身」(笑

午前2時の調べ

「午前3時50分の調べ」の犯人探索の日は我が家の前を走る新幹線の線路を削る作業の日でした。

この日に作業があると事前にお知らせの紙が入ってきていたので、いつ来るのかと待っていたら、午前2時頃から作業車がゆっくりとやって来ました。

e776f566.jpg


この日は暖かく、どうせ3時50分の犯人捜しの時間まで待たなくてはいけないので、外に出てたりして時間潰しのひとり撮影大会。

086af331.jpg

f89fe25d.jpg


車両はディーゼル車なのでエンジン音と線路を削る音がしますが、窓を閉めて室内にいる分にはそれほどの騒音ではありません。
夏、窓を開けて寝ている時は騒音に気が付くとは思いますが、沿線住民としてはこういう作業は冬の方がありがたいです。

防音壁があるので肝心な削っている部分は見えませんでしたが、都合2往復作業して終了したようでした。

夜間作業ご苦労様です。

ちなみに良く聞かないと気が付きませんが、翌日からはたいてい新幹線の通過音が少し静かになります。
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ