ガレージ月面車 ブログ

                                 月面車ルノーセニックRX4のこと、食べ物、音楽、オーディオのことなど、気まぐれに

2010年06月

急に聴きたくなったあの曲

先日中華街の「青海星」でれっさーさんと夕食をしていたら流れてきたのが胡弓の演奏の「蘇州夜曲」。れっさーさんのブログにもありますのでご覧ください)

日本の曲なのにどことなく中国の雰囲気を漂わせるこの曲、中華街で聞こえてきてもいい雰囲気の曲です。

調べてみると昭和15年(1940年)の日本のヒット曲であるこの曲は、過去から最近まで多くのカバーがあるんですね。知りませんでした。
上記のように中国の曲のアルバムなんかにも入っています。

この曲のオリジナルを歌った方は渡辺はま子さん
1910年生まれで1999年12月31日に亡くなっています。
横浜生まれでずっと横浜で過ごされたハマっ子な方です。

実は生前のはま子さんには何度もお会いしたことがあり、「青海星」でれっさーさんとこの曲の話やはま子さんのなどをしているうちにとても懐かしくなって、父に「はま子さんのCD貸して!」とCDを借りてきました。
我が親子の間では「はま子さん」でOKなんです。
だから「蘇州夜曲」といえば「はま子さん」。

CIMG0107

CIMG0108

このCDは1986年発売のようでおそらくこの数年前の録音と思われますが、ジャケット写真も歌の声も当時のはま子さんそのままで、聴いていて思わず涙が...。

慰問のために訪れた中国で抑留されそこで同じく抑留された日本兵のために歌って元気づけたり、フィリピンの日本兵との文通から慰問のコンサートに行き100人以上の日本兵を当時の大統領に釈放してもらったなど、歌手以外の面でもいろいろと苦労された方です。
今はクスリをやる人はたくさんいても(笑...。

二度も授章された方ですが、「これじゃなきゃダメなのよ~!」とマニュアルのシフトを指さして、いつもMTのカローラに乗って自ら運転して一人でいらっしゃったのがとても意外で、ウチの近所のスーパーで買い物して帰ったりと庶民的な方でした。

一方こんなことも聞いたことがあります。

「同じ音量で1曲通して歌うのは難しいのよ」
「いつでもどこでも自分がどんな状態でもそれができるっていうのが歌手なの」

私の好きなNYの職人ミュージシャンのみなさんと同じように思いますね。
片やスポットライトを浴びる主人公、片やそれを上手に引き立てる裏方さん。
どちらもお客さんを楽しませるエンターティナー。

今は技術が進歩していますからね。
昔から「ライブできない人もいる」というし...。

ところで、

このCD、iTunesに落そうとしたら何度やってもPCのドライブが読み取ってくれません。
はま子さんが天国から「コピーはダメよ!」と言っているのでしょうか。

CIMG0110

緑萌える6月のノースランド

CIMG9989

6/5夜出発で6/6~6/7とノースランドに行ってきました。

今回はBachiさんと一緒で、目的はG.W.に作った陶芸の引き取りとまたまたの駄作作り。
考えてみれば4月、5月、6月と毎月皆勤賞(笑

6月にノースランドに行くのは相当久し振りで、梅雨前のノースランドはG.W.ともお盆頃の雰囲気とも違い、緑がどっさりという感じでなんだか新鮮でした。
1ヶ月半前に大雪だったなんて信じられない風景です(笑
桜の木々も緑の葉がたくさん。

CIMG0060

CIMG0061

CIMG0080

CIMG0058

この日は陶芸の先生の都合もあって、夜明け前に到着、仮眠して起きてから簡単に朝食を食べて、昼まで陶芸をやりました。

できれば陶芸は午後にして、この日まで甲府←→小淵沢間で走るSLでも撮影したいななんて思っていたのですが、今回は叶いませんでした。

午後からは昼食と買出しに行きましたが、昼食したのはここ。

CIMG0062

手打うどん ふじ庵
山梨県中巨摩郡竜王町富竹新田1996
055-278-0076
11:00~14:00 18:00~20:30 定休日(木曜)

甲府付近ってほうとう屋さん以外はファミレスやファーストフードばかりに見え、地元の人が行きそうな手軽なお店が見当たらないので、いつもは適当に済ませていましたが、今回はBachiさんとうろうろ走って新規開拓。
ここは吉田うどんの店らしく、値段も安く、腰が強い手打ちうどんでした。

昼食の後は買い出しをして昇仙峡経由でノースに戻り緑の中でのんびりと。
他のお客さんは5組ほどで、日曜なのでみなさん夕方には帰宅。
残ったのは私とBachiさんだけとなり今夜は貸切り。

CIMG0078

夕食は恒例のワインビーフの刺身とこれを作りました。

CIMG0082

CIMG0083

例の陳麻婆豆腐なんですが、前日に中華街で見つけた「レトルト版」。
一人前630円とちょっと高いのですが豆腐も肉も入っています。
でも山椒は入っていなかったので、持ってきたものを使いました。

二人では量が少ないと思い、豆腐と長ネギを追加してレトルトをお湯であたためておいてフライパンで調理。

CIMG0085

ちなみにレトルトの中には豆腐は4切れくらいしか入っていませんでした。

そして麻婆ライスの出来上がり。
お供はこちらも長ネギと豆腐を足して鍋で暖めて作ったインスタントのトン汁。
今回はBachiさんと二人なので簡単なものばかり。

CIMG0086

レトルトご飯は暖めている時に1個破裂したので、1杯目は麻婆ご飯でしたが二杯目は麻婆粥風になっちゃいました。
でも、いつものごとく「麻~」の辛さはあっておいしかったです。

レトルトご飯はだいたい1/3位は破裂しますね。
作り方が悪いのかな。

今回コーヒーミルを忘れてしまいコーヒーは飲めない大失態(笑
変わりはウーロン茶でした。

夜はティッピーテントでゆっくりして入浴後沈没。

翌朝はウグイスやいろいろな鳥の声で目が覚めました。
いい天気で緑が眩しい。

CIMG0087

しばらくボケッとして朝食。
今日のメニューはクロワッサンと総菜のポテトサラダ・野菜サラダとこんな感じ↓

昨晩食べなかったワインビーフのサイコロステーキ。
相変わらずおいしい!

CIMG0089

試しに買ってみたマルシンのあらびきハンバーグ。
これはハズレかな。
甘いし生姜の香りがきつすぎ。

CIMG0090

たまご村の二黄卵。
産み始めのこの時期にしかないものだとか。

CIMG0092


CIMG9977


食事の後は片付けをし、天気がいいのでクラブハウス前でのんびりしていると、昨日、木に掛けてあった巣箱に鳥が出入りしているのを思い出し、その巣箱を見ていると、

CIMG9978

CIMG9980

CIMG9985

鳥の名前はわかりませんが、親鳥がつがいでせっせとえさを運んでいるようでした。
どこかへ行っては20分くらいすると戻ってきてまたどこかへ。
しかも2個の巣箱を掛け持ち。
別荘持っているなんて贅沢な(笑

他にお客さんもいないし出入りする車もほとんどないので、しばしバードウオッチしてました。

次回行った時にはどうなっているでしょうか?

そして昼過ぎにノースランドを出発し、何箇所かでお土産を買ったり届け物をしたりして帰宅しました。

帰宅した時点での燃費は7.5L/100km=13.33km/Lと好燃費でした。
高速は行きの横浜町田→御殿場間のみ使用であとはほとんど一般道使用。エアコンは麓への買い出しの際に少しだけ使用。
エンジンの調子の方もトルクもしっかり出ている感じで、あまり回さず走れていい感じでした。
日程的にも時間的にも渋滞がほとんどなかったのも好燃費につながったと思います。

角屋豆富店前より。

CIMG0096

現在地

88b0912e.jpg
山中湖畔に到着。
気温12度、積雪0センチ。

数年来の懸案事項を

CIMG0048

いつもプラグの点検の時に気になっている一部のプラグのネジ山の錆。

画像のものはまだ程度がいい方ですが、プラグホールに入ってしまった水がエンジンブロックのネジ山にも侵食しているということで、これではエンジンの性能やアーシングの効果等にも影響しそうです。

いつもはプラグのネジ山の錆を取ってまた取り付けていましたが、「何とかエンジンブロックのネジ山の錆を取る方法はないか?」とそのたびに考えていました。

そこで捨てずに保管してあった上の画像のようなプラグを1本用意し、これをきれいに洗浄してネジ山にアルコールを付け、エンジンブロックに取り付け→取り外し→ネジ山洗浄の繰り返しというのをやってみました。
すると錆は結構取れてきました。
しかし4か所を各4~5回、2時間ほどやっていたらかなり疲れました(笑

そこで、自宅で他に使えそうなものを漁っていたら嫁が「たんぽぽっていう歯ブラシが良さそうじゃない?」と教えてくれました。
自宅で探していたのは瓶を洗うブラシやスポンジ付きのクリーナーだったのですが、これらはちょっと大きすぎたり太かったり柔らかすぎたり、でした。

翌日近くのドラッグストアで「たんぽぽ」を探してみたら1本だけ売っていました。
正式名称は「たんぽぽの種」で値段は400円ほどとちょっとお高いけど買ってきました。
他に予備軍として柄が曲っていない安い歯ブラシと100円ショップで流しの隅などを磨くためのブラシとスポンジのセット、プラグホールの上の方の径が太い部分用の毛糸ブラシみたいなものを買ってきました。
さらに使い古しの歯ブラシ1本も用意。

CIMG0005

左から2番目が「たんぽぽの種」という歯ブラシ。
国際特許を取っているそうで、毛の量は普通の歯ブラシの約20倍、太さは1/3位。なるほど高いわけだ(笑
計ってみるとちょうどプラグのネジと同じくらいの外形で柄も細くまっすぐと、使えそうです。

普通の歯ブラシとブラシ付近を比べるとこんな感じ。

CIMG0006

バフ布みたいな感じで柄の先の全周にブラシが生えています。

作業をするに当たって、シリンダー内にカスやゴミなど入らないようにしなければなりません。
そこで掃除機を用意して先端に切ったホースをテープで付けてプラグホール内の汚れを吸い出すことにしました。
他にネオジウム磁石を用意して磁力でもカスを取ることにしました。

これをやる時は、アルコールがすぐに蒸発しないよう、また作業性も考えエンジンが冷えている時に、錆のないまたは少ないプラグホールからやっていきました。
またアルコールはこのところ気温が高いのですぐに蒸発するし、シリンダー内に入ってしまっても、エンジンを掛けると燃えてしまうのでいいかと。
でも、アルコール洗浄後十分時間をおいて、乾いた頃に掃除機でカス等を吸っておきました。
よくよく考えたら、オイル&フィルター交換の前にやるのがいいかもしれません。

多少カスなどがシリンダー内に入り込んでいるかもしれませんが、自分でやることなので「自己責任」ということで。


どの道具が良いか確認するために、用意したそれぞれのブラシを抜いたプラグとレンチと並べ、ネジ山の深さがわかるように各柄にマジックでマーキングしておきます。
そしてマーキングの部分まで突っ込んで、それぞれのブラシでグリグリやってみました。

レンチで抜いたプラグと並べてみるとこんな感じです。

CIMG0009

CIMG0008

左から使い古しの歯ブラシ、流し掃除用、たんぽぽの種。

たんぽぽの種はネジ山まで入り込んで汚れをしっかり取っているようです。
他は色からしてネジ山にうまく到達せず、手前の部分の汚れを取っているようです。
やはり「たんぽぽの種」が良さそうです。

この後は「たんぽぽの種」だけで作業することにして、2回ほどグリグリやって掃除機&磁石。
磁石は割りばしの先にテープで包むように取り付けてカス取り作業。

そのあとはブラシ部分にアルコールをたっぷり付けてまたグリグリ→ティッシュでブラシの汚れを拭取り→アルコールで洗浄→またアルコールを付けてグリグリ。
アルコールでネジ山に残った錆を流し出し、ついでに脱脂する作戦です。

CIMG0010

画像は3~4回目位ですが錆が取れています。
最初はもっともっと赤茶色してました。
ティッシュで拭取ってアルコールで洗うと、元の通りとはいきませんがかなりきれいになります。

これを汚れができるだけ少なくなるまで(自己満足できるまで!)5~6回ほどやりました。
ただしたんぽぽの種は長さが若干短く、抜くときにペンチで挟んで抜くときもありました。

そしてプラグのネジ山もきれいにして、ネジ山と電極にナノカーボンを塗って拭き取り、エンジンブロックに取り付け。

早速エンジンを掛けてみると、最初はエンジンが冷えているのでさすがに安定しませんが、アイドリングが安定すると以前より静かなアイドリング。
そして10kmほど試運転してみたところ、吹け上がりが良くなり振動も音も少なくなった感じが。

その後数回使用しましたが、今までよりもさらに低回転からトルクが出るようになった感じがすること、クルマが軽くなったような感じがすること(おおげさ?)、排気音が太く感じられること、振動モードが変わったせいか特定のエンジン回転でダッシュボード左側付近で音がすること(これは改善できる)などが変化点です。

作業にちょっとリスクはありますが、ずっと気になっていた事なので、現実的にも精神衛生的にもかなり改善されたと思います。

今週末はノースランドに行くのでフィーリングや燃費の変化が楽しみです。
そして帰ってきたらまたこの部分の点検をする予定ですが、また雨水が浸入しないよう、別な部分にもう少し手を打とうかとも考えています...。

バスポンプNP-2の修理

CIMG0039

自宅で風呂の残り湯を洗濯機の水に使うのに「バスポンプNP-2」というのを使っています。

先日嫁が「ポンプが動かなくなった!」というので見てみました。

電源部は大丈夫そうだったのでポンプを分解してみました。

CIMG0037

CIMG0038

水を吸い上げる部分のフィンが固くて動きません。

ネジが錆びてきているので内部に水が入ってグリスが流れたのかもしれません。

とりあえず軸先を叩いて電源を入れてみると回り出したので、ネジの増し締めと軸を引っぱり出して叩いてを何度か繰り返してみると、多少はスムーズに動くようになったので組み立てて終了。

電源を入れて水を吸い取ってみるとまあまあ使えるので、寿命までもう少し頑張ってもらいましょう。
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ