ガレージ月面車 ブログ

                                 月面車ルノーセニックRX4のこと、食べ物、音楽、オーディオのことなど、気まぐれに

2008年04月

第7回FFEに行って来ました

今日は南町田のカルフールで第7回FFEが開催ということで、長女と行って来ました。

a126c54a.jpg


天気は曇りで暑くもなく寒くもなく。
今回は来場台数が思ったより少なかったのでいつもよりまったりムード。

ワッキーさん、れっさーさんとちょっと話したり、ボンネットを覗き込んだり。

持って行った宿題を車内でやっていた長女がひと段落ついたところを見計らって、このクルマに乗せてもらいました。

51c84f95.jpg



窓から見える左右の景色は、

6cf79cb8.jpg


向こうの赤いのもヤバそうだ。

3081a7b3.jpg


うわ~。なんだべ、コレ。

リアシートに座った長女、「すごいこれ!すごい!」の連発。
床までフワフワなのにも驚いていました。

ゴキゲンとなってしまい、数分降りられず、ようやく降りてもこの通り。

45385a5b.jpg


窓の外から「フワフワ度のチェック」。

良く見ると左のクルマと右のクルマではドアノブが違っていたり、Cピラー部のエンブレム、リアランプなんかも違っていたり、興味は尽きません。
しかし、夏はエアコンが付いていないので辛そうです。

最近はこのFFEで写真を撮ることも減って来ましたが、今回もご多分にもれずこんなもんです。

このあとカルフールで昼食を買って車内で食べてから帰りましたが、途中黄色い帽子の店でちょっとパーツを買い込みました。
これは明日やる予定のいたずら用です。
車庫では明日の準備をして、長女次女と明るいうちからお風呂屋さんに行ってサッパリ。

湯上りのフワフワシートが欲しい!?

帰ってきました&お土産!?

出張から最終便の飛行機で帰ってきました。

明日は早起きできればFFEに参加する予定です。

今回のお土産なんですが、空港でかなり時間があったので、売店をウロウロ。
家族用には別なものを買ったのですが、みんなで楽しめそうだと思って、こんなものを買ってきました。

dd6d04c1.jpg


津軽弁の日(10/23日)というのがあるそうで、俳句やら詩やらをホールの観客の前で津軽弁で紹介する大会?のライブアルバム?です。

で、今サワリを聞いてみた感想としては、


んだけどもォ、ナニィ言ってるが~わがんネ。

本日より...

金曜日まで出張です。

a66456be.jpg


もうすぐお城の桜祭りらしいですが、仕事なんで関係なし。

でもこれは風呂上りに飲んでおきます。

c2d41ebf.jpg

パワーウインドウスイッチの球切れ ついに完成

今日は次女の入学式だったので会社は休みをもらいました。
平日じゃないとできないことを午後済まして、この前のタイヤ交換の際に返し忘れた順番待ちカードをいつもの黄色い帽子のお店に返しに行きました。
ついでにバルブのコーナーを見てみたら、こんなLEDの球を発見。
しかも安売り。なので2パック購入。

6a6ff9d9.jpg


要はムギ球のLED版、で抵抗も付いていながらかなり小さいタイプ。
これならLEDと抵抗をハンダして、スペースを気にしながら付けようと思っていたのが、一発で済みそう。

早速あれこれ眺めて加工開始。
難点は電極の足が短いこと。
しかしこれは樹脂の部分をペンチで注意深くカットして、電極の裸の部分を長くなるようにして、ユニットに合わせ折り曲げたところ何とか行けそうな感じ。

916d1529.jpg


左から、加工後のLEDムギ球、加工前のLEDムギ球、もともとのランプユニット(中にムギ球入り)。

早速ハンダをすることにしたのですが、ケースに付いていた台座?を利用して位置決めをし、電極をマイナスドライバーでユニットの電極に接触するよう押し付けてハンダ。
もちろん点灯するよう電極をチェック済みです。

4e381274.jpg

2de57f06.jpg


2枚目の右の画像がハンダしたあと台座を取った状態。

注意深くユニットを組み立てます。

645d4ab3.jpg


位置はバッチリ!
ここでまた接続チェック。
このようにバッチリ点灯。

c0b47ad2.jpg


銀テープは極性を確認できるように貼っておいたものです。

今回は助手席側と運転席側の助手席用の球が切れていたので2つとも同じ加工をしました。

点灯を確認したら一旦外して、ドアグリップの成型品にはめ込み。

40f86ff4.jpg

6354f239.jpg


さらにドアにはめ込んで元通りネジ止め。

fd6d1017.jpg


さて効果はどうかというと、

0c8b8483.jpg


運転席側の画像ですが、交換したのは助手席用なので画像の左側の明るいのがLEDに入れ替えたもの。
運転席側のスイッチは暗くなってしまいアンバランスになってしまいました。

まあこれは簡単に加工できることがわかったので、そのうち交換するかもしれませんが、特に体制に影響はないので、しばらくこのままかも。

とりあえず大したお金も掛からず交換できたので良かったです。
でもユニットで交換したらいくらかかるんだろう???

リモコンキー 感度アップ作戦!

今日はBachiさんがやってきてちょっとPCとPHSの接続についていじってもらいました。結果は...なんですが、これはまた今度にでも。

で、デフォッガーのLED化完成のときも一緒に車庫であれこれやっていたのですが、その際ふと思い出した「リモコンキーの感度アップ」をやってみることにしました。

つまり「センターコンソール付近をどうせバラすならやってみよー!」ってことです。

早速作業開始。
まずはCDプレーヤーをいつもの要領で取り外して、灰皿のホルダー部分とエアコンパネルの下部のネジを外して、エアコンパネルを取り出します。

201b74db.jpg


次にエアコンパネルの右にあるセンターロックスイッチからの配線を追いかけて、アンテナとなっているリード線を探します。

e0bf245e.jpg


ウチのはこんな状態で束ねられていました。
これをほどいてできるだけ長く伸びるようにしておきます。

このアンテナをどこに伸ばすかですが、ウチの月面車の場合は取り外した部分から右の方が明るく見えたのでそちらに伸ばすことに。
Bachiさんに手伝ってもらって私が運転席の足元からリード線の先を引っ張り出しました。
このままにしておくのもまずいのでステアリングコラムのカバーの下縁に沿って伸ばすことにし、1か所をほんの少しの銀テープでこんな感じに固定。

0cbfbf8e.jpg


右の方に垂れ下っている白い線がリード線の先端です。

さて、これの効果はというと、今までクルマからちょっと離れるとリモコンが効かなかったのが、少なくとも5m位にはなりました。
方向によってはもう少し遠くからでも効く場合があります。

リード線の伸ばし方なんかでももう少し変わると思いますが、とりあえず見た目もあるので、今のところはこんな感じでやっておこうと思います。

費用ゼロで効果アップと相成りました。

試行錯誤中な球切れ デフォッガーLED化完成

昨日極性が逆だったデフォッガーのLED、今日作り直して再トライ。

出来上がりはこんな感じ。

a4a930f0.jpg


早速クルマに行って取り付け。

705280f2.jpg


今度はバッチリ点灯!

cf2569f8.jpg


カバーを付けるとこんな感じに。
しかし、明るさ、色合いはともかく、カバーがうまく元の通りになりません。
これはまた何か手を考えましょう。

実際夜はどう見えるのかというとこんな感じです。

947e2267.jpg

7e6e6143.jpg


色も明るさも特に問題ありません。

しばらくカバーが付けられないので、導光部分の上に銀テープを貼って、運転中に眩しくならないようにしてあります。
ほとんどハンドルに隠れて問題ないのですが。


変わってパワーウインドウですが、左の窓の開かない理由がわかりました。
右のユニットを取り付けないとダメなようです。
つまり左と右のスイッチは並列になっているみたいなのです。

こちらは極性のチェックとLEDの取り付け方の検討をして今日は終了。
次回、LEDを取り付けできるよう、また立体パズルの作り方の研究です。

BOBBI HUMPHREY / FREESTYLE

ab900dc9.jpg


BOBBI HUMPHREY / FREESTYLE 1978 SONY MJE SICP1795

女性フルート奏者ボビー・ハンフリーのアルバムで、プロデュースはラルフ・マクドナルド。
そして「世界初CD化」。
今までずっとLPをCDRに落としたものを聴いていたのでCDで聴けてうれしいです。

参加メンバーは

RICHARD TEE
ERIC GALE
DAVID SPINOZZA
ANTHONY JACKSON
MARCUS MILLER
STEVE GADD
RALPH MACDNALD
STEVIE WONDER等

これで悪いわけがないですね。

1曲目のイントロからRICHARD TEEギンギン!
ラルフ、エリック・ゲイル、ガッドも。
そしてハーモニカにスティービー・ワンダーが参加。

他にもRICHARD TEE参加のアルバムがありレコードでも持っていないのがあるので、こちらもぜひCD化をお願いしたいです。

試行錯誤中な球切れ なぜかその1

デフォッガーとパワーウインドウスイッチの球切れですが、一応材料を仕入れてきたので試行錯誤しながら交換中です。

買って来たLEDと抵抗。

b61b8015.jpg

135cff3a.jpg


そしてこれは抑えの電球。

f733552b.jpg


まず電球からやってみれば良かったものの、いきなりLEDでやり始め、苦戦。
その結果、デフォッガー用がまず完成。

b0c26878.jpg


LEDと抵抗をくっつけただけと言えばそれまでですが、ユニットに収めるためと、収めた後のハンダのことを考えながら数時間格闘してました。

で、ユニットに収めるとこうなります。

ebd8b4ee.jpg


ここでかなり自己満足(笑

早速車庫までルンルンっと歩いて行って、取り付け、キーを回して、スモールランプをつけると、不点灯!
極性、やっぱり逆だったかぁ!
1/2の確率に外れて、もう一度やり直しです。


出発前、「もしLEDの極性の確率1/2に外れたら」と考え、パワーウインドウスイッチの端子に電球のリード線を切ってハンダし、LEDを一緒に持って行き、コネクターにセットし、スモールのスイッチをONするも、いきなり火花が出る始末。
調べてみるとヒューズが少なくとも1本は飛んでいて、左の窓は操作不能。
さらに右側の前後スモールが不点灯。あ~あ。

帰宅後、家族と出かける際にみんなにブーブー言われつつヒューズチェックしていつもの店でフューズを購入するも、スモールは点灯するようになったけど、左の窓開閉不能は解決せず。
さらにフューズチェックが必要。

原因はおそらくたまっていたゴミなどによるショートと思われ、これはイカンですね。掃除しましょう。

そんなわけで振り出しに戻った一日でした。

THE WRITERS /THE WHRITERS & ALL IN FAN

702d25ef.jpg


THE WRITERS / THE WRITERS 1978 SONY MJE SICP1791

7d2ff014.jpg


THE WRITERS /ALL IN FAN 1979 SONY MJE SICP1792

いずれも正式には4/2発売。

THE WRITERSは私の大好きなパーカッショニスト、ラルフ・マクドナルドが70年代後半のフュージョン(このころはクロスオーバーなんて言われていた)全盛期に結成したグループ。
ライターズといういわれはメンバー全員が作曲ができるからだとか。

確かにメンバーは凄く、

RALPH MACDONALD
HUGH MACRACKEN
JEFF MIRONOV
JERRY PETERS
FRANK FLOYD
ANTHONY JACKSON

それにHERVEY MASON。

いわゆるSTUFF系のミュージシャンは、あえていうならANTHONY JACKSON位でほとんどSTUFF系サウンドとは縁なし。


この2枚のアルバムはいずれも「世界初CD化」。
そして2枚ともラルフの色が強く、当時3枚のラルフのソロアルバムを聴いていましたが、それに加えてこれら2枚でいっそうラルフを楽しめるアルバムという感じでした。

ただしドラムがハーヴィー・メイソン、キーボードがジェリー・ピータースということもあって、ちょっと西海岸を感じさせるサウンドとノリだったのが違うところ。

音楽的にはフュージョンフュージョンしてなくて、ボーカルが入っているからと言ってポップでもなく、つくり的にはなんだか彷徨っている感じもしなくはないですが、これも歴史のひとつかと。


録音はNYのラルフのスタジオ「ローズバッド」。
ここで録るとハーヴィー・メイソンのドラムも、西海岸での軽さが重厚感に変身しているように聞こえるのがなんとも不思議。

ALL IN FANの楽しそうなジャケットデザインもすばらしい。(PAULA SCHER)
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ