ガレージ月面車 ブログ

                                 月面車ルノーセニックRX4のこと、食べ物、音楽、オーディオのことなど、気まぐれに

2005年11月

珈琲用新サーバー購入!

先日外出中に嫁が「珈琲のサーバーを割ってしまった。ごめんね」とメールを送ってました。
まだそれほど使っていなかったので「縁が欠けたくらいなら」と思っていましたが、家に帰って見てみると、縁の半分位がなかった!
せめてドリッパーが載る位の欠けだったらよかったのですが、この状態では使えません。
仕方がないのでハンドルを外して処分することに。

ハンドルはドライバーでネジを外して、予備パーツとして保管します。
「なぜハンドルなんかを?」と思うかもしれませんが、キャンプ用にも同じタイプの古いものを使っており、炭火などで溶けたり焼けたりした際の交換用です。

さて今日は新しいサーバーと豆を買いにいつもの宮本珈琲店に行ってきました。

11592e25.jpg


Bachiさんもやってきて、二人でホンジュラスとペルーエキセルソを飲んで、豆沢山とサーバーとペーパーを買いました。
山賊さん宅に豆を配達し、食事をして帰宅。

さっそくサーバーを取り出して見ていたら、やはり珈琲が飲みたくなり、お湯を沸かし豆を挽いて珈琲を入れることに。
只今蒸らし中。

044ff459.jpg


新しく買ってきたサーバーですが、早速使う前にカスタマイズ。
注ぎ口に対して180度の場所にあるハンドルの位置を、ネジを緩めて100度位の場所に動かします。
こうするとでき上がった珈琲をカップに注ぐ時に具合がいいのです。

上から見るとこんな感じです。
抽出完了。

5f8db1d4.jpg


入れたのはバッハブレンドですが、良く良く見てみると、サーバー、ドリッパー、ペーパー、ヤカンまで全てバッハと同じモノだったりします。
水はズルしてまして、ノースランドの水です。

このサーバー、最近のやつはカップの表示だけでなく、CCの表示が付いているので豆や水の量の調整をして入れる際に便利です。
たとえば「豆2杯で200CC」とかがやりやすいです。

ちなみに今日は豆1.8杯で200CCまで落としました。
落とし方をちょっと失敗したので、いつもよりちょっと薄めで仕上がりました。

ちなみにヤカンの中は(上は)このようになっています。
抽出開始1分前位。

91b182e3.jpg


これも便利なグッズで重宝しています。
沸騰すると115℃くらいまで行くのがご愛嬌。



1周年に続いて オンボードコンピュータ画像

先日1周年を迎えたこのブログですが、翌日14日に40000ヒットを迎えました。

本当は記念の40000キロのオドメーターの画像を載せようと思っていたのですが、どうやら撮影していないようなので、当日のものを。

ついでながらオンボードコンピュータの機能の一部をご紹介

まずは総走行距離。

bf5eb7c6.jpg


ワイパーレバーの先をチョンと押して、次はトリップメーター。
給油後の走行距離です。

152ce910.jpg


次は燃料使用量。
これ、意外と正確です。
給油量と2L以上違ったことはほとんどありません。
その代わり「腹ペコランプ」は残り1L位にならないと点灯しません!!!怖~っ!
なおタンクは58L入ります。
表示のクルマの形が月面車じゃありませんね。

079b3050.jpg


次は燃費。
100キロ走るのに要した燃料を表示します。
ちょうどリッター10キロです。

c0784a96.jpg


次は平均速度です。
これは高速入口などで給油してリセットし高速走行すると、凄い平均速度を表示することもあります!

4aa3e54a.jpg


他に瞬間燃費、航続可能距離も表示してくれます。
瞬間燃費は速度30km位にならないと表示しませんが、通常の発進時で12L/100km、ガバッと踏んで22~23L?/100km位を表示します。(リッター約4kmかぁ)
アクセルをオフにすると表示も「0」になります。
トリップメーターはもうひとつあります。

私は通常はほとんど燃費表示にしています。
長距離などコンスタントに走るとどんどん燃費が上がっていくのがわかりますが、今までの記憶での最高は7.8L/100kmだったかな!?もしかするともっと走ったかもしれません。
この表示のしかたはわかりにくく、頭の中で計算しないとならないので、ポストイットに換算表を書いて、サンバイザーの裏側に貼り付けています。

今回はスピーカー&パワーアンプの修理に行く前に給油し、帰ってきて通勤1往復でのデータです。
通勤1往復前の燃費は9.5L/100kmでした。

平均速度が20kmを切ると燃費はだいたい9kmを切るという感じです。
もちろん停車したままエンジン掛けっぱなしをすると、燃費も平均速度も落ちるので、掛けっぱなしをしないように心がけています。

ちなみに通勤距離約12キロの間の長い信号待ちでアイドリングストップを2回~3回やると、約0.2L燃料を消費せずに済むことがこの夏にわかりました。
往復で約0.4L、1週間で2L、1ヶ月で8L(今なら1000円分位?)、1年続けると...
満タン約1.5回サービスだよ~!

祝1周年! リンク追加のご紹介

6a9cc6e4.jpg


このブログを始めて今日で1年になりました。

いくつかのジャンルに分けて、勝手気ままに書いていますが、振り返って見てみると個人的な記録になっていて、これはこれでいいものだと思います。

当初は「生息数の少ない月面車の情報が集まれば」と思い始めたのですが、集めるよりもヘンな情報を出すほうが多かったりして(!!)、「やはり情報が少ないんだ」と実感しました。
最近は訪問される方も多くなり、いろいろな方からアドバイスや情報も書き込みいただけるようになり、ありがたいと思っています。

今日現在のデータ
合計訪問数 延べ39682件。
総記事数 278件(え~っ!自分でビックリ。)
コメントの数 548件。


これからもよろしくお願いします。

さて今日は最近追加したリンクをご紹介します。
いずれもセニックRX4に関係があるのは偶然!?

BORN TO BE BAD ~ワルイどで行こう!~

フレンチブルーの会場で知り合った、エスパスクアドラ2.0に乗られているFCHさんのブログです。
アレキサンドリア号と名づけられているこのエスパスクアドラの元オーナーはもともとセニックRX4に乗られていたしんのすけさんです。

ルノーに乗れなくなる日まで

セニックRX4 ウェルテゴグリーンに乗られているオモトさんのブログです。
最近ドライブシャフトのベアリングの交換を機会にブログを立ち上げられたそうですが、ルノーは3台目と大先輩です。

Liner Note (ライナーノーツ)

きれいなブルーのカングー1に乗られているtamd2さんのブログです。
クリックするとにこやかな笑顔の写真が迎えてくれます。
先日RX4仲間のぴこさんが乗り換えで手放されましたが、どうやらtamd2さんがぴこさん号を引き継がれることになるそうです。
縁あってのお話なんですが、カングーのホウショウさんから弊ブログを紹介いただき、たまたま記事にぴこさんの乗り換えの件を私がアップした際にピピっとなられたようです。
今後の展開が楽しみです。

ここにきてRX4のブログが増えるということがうれしいですね。

みなさんよろしくお願いします。

世田谷線とルノー車の接点

先日長女と秋葉に行った帰りにプラナリアさんと待ち合わせしてこれ(のサンプル)をお渡ししました。
待ち合わせた場所は世田谷線の山下駅(というか停留所?)。

秋葉に近い都営新宿線岩本町駅から京王線笹塚乗換えで下高井戸に着くと、世田谷線に乗換えができます。

京王線の改札内の窓から金網越しに無理矢理撮影。
この場所は制限速度が10キロみたいです。(凄い遅い!)

aaf47c9e.jpg


待ち合わせまで時間があったので改札を入り(大人140円子供70円)、ベンチに座ってウオッチング。
来る電車来る電車みんな色が違うので結構楽しめます。

3339f2cf.jpg

57c7c0ab.jpg


数本待って乗車。
最高速度は40キロくらい。
窓が大きくて町並みが良く見えますが、すぐ次の駅に到着。

山下駅に着いて時間までまたベンチでウオッチング。
長女と次に来る電車の色当てをしたりしていました。
青や緑系の色と黄色がやってきますが、赤系の色の電車は来ませんでした。

しばらくして反対側にやってきたのはこれ。
玉電リバイバルカラー車。

a4b31692.jpg


やさしい色合いでいいですね。

さて無事プラナリアさんにブツをお渡しして、帰る事に。
次に来た電車に乗ってドアのところに立っていたら、見たことのある文字が目に付きました。

4775c453.jpg


何を見ているんだか!

M20復活!

先日「も、もげたっ!」で、片チャンネルの音しか聴けなくなったアクティブスピーカー メリディアンM20ですが、土曜日に秋葉にパーツを買いに行き、帰ってきてから主治医のところにこのスピーカー1セットを持って行って緊急修理、日曜朝に無事直って持って帰ってきました。

77d13e2b.jpg


今回交換したのは中央に写っているコネクターです。

099d1e74.jpg


これが秋葉でなかなか売っていなくて、5~6軒のパーツ屋さんを回ってやっと発見。
5年くらい前、純正のプラグから交換する時、奥行きの短いコネクターで端子が6個、金めっきのものという条件で秋葉を探したのですが、なかなかなく、ようやく見つけたこれに決定した経緯があります。

無事交換終了して一安心です。

さてついでにやってもらったのがこれもやはり前に「直結!」で紹介した電源ラインの短縮化なんですが、自分でやったよりもさらに短縮化して、不要な基板(とパーツ)を取り外してもらい、必要なフューズホルダーを取り付けてもらいました。フューズもホルダーに合わせた大きいものに交換。

今回外したパーツと準備したパーツはこんな感じです。
一部はすでにバイパスしていたけれど取り外したいなかったものもあります。

da4372a6.jpg


右上のスイッチパーツの色に注目!
イギリス製品でもこんなもんです。
ちなみにパワーアンプの基板のパターンも、良く見ると左右で違うバージョンなんですけどね。

パワーアンプの下の方は、表も中もかなりスッキリしてしまいました。

さて音のほうですが、一部の配線を交換・追加しているので、しばらくエージングしないとハッキリしたことは言えませんが、エネルギー感が違っているように感じます。

今回いろいろとグレードアップするためのパーツ情報もあったりしたので、今後の計画に組み入れようかな?と思ってしまいました。
このところ感じている、最近のソフトの高域のレスポンスについていっていないような気がするところを改善できればと思っているのですが、「これによさそうなパーツがこれだ!」と医院長があるものを紹介してくれました。医院長宅の上級機M100でのテスト結果しだいでは考えたいですね。


水溢れ対策 その1

例のプラグホールの錆の対策ですが、ちょっと前にやった対策をひとつ紹介します。

使ったものはこれです。「ドアを目立たずガード!」

b5f43d9f.jpg


ドアの角を保護するプロテクターです。?399円/2個入り

これをどうするかというと、ここに貼り付けしました。
ただし両面テープの貼り付け面は90度面を変えて、貼り付けた時にこのパーツが下に長くなるようにしました。

ac861d80.jpg


ボンネットを開けてみるとこのような感じです。

17b481f0.jpg


試しに雨が多く降った日にここを見てみたら、しっかりと水滴が滴っていたのでとりあえずは効果ありじゃないかと思っています。

第二弾もあるのですが、素材を検討中なのでうまく見つけて取り付けたらご紹介します。

本当は書き込みにあった対策を早くやりたいのですけど。

今朝の珈琲

今朝はちょっと寒くて雨模様。

先日akiさんと宮本珈琲店のハイブレンドバッハのバッハブレンドを物物交換したのですが、今朝はそのバッハブレンドを入れてみました。

c21dfb4e.jpg


ちょっとボケ気味ですが、ドリッパーに注目。
少し時間が経ってしまったので白い泡が消えてしまいましたが、細かくきれいに泡が中央に残って、いい落ち具合でした。

豆の量はメジャーキャップ2杯、ちょっと細挽きにし、抽出量は200cc、お湯の温度は88℃位から抽出開始で蒸らしは約30秒。

とても香りが良く、一旦家の外に出て、もう一度家に入ると、それはいい香りです。
昨年あたりにあった焦げ臭さもほとんどなく、味の方もいい感じで、まろやかでした。

「さすが沖縄サミットで出された珈琲!」と思わせるものがあります。
珈琲が好きでないクリントンさん?も納得の珈琲だったそうです。
(ちなみにサミットの料理に出された中で、唯一庶民が口にできるものがこのバッハブレンドだったそうです)

ちなみに水はノースランドで汲んできた水を使用。
これってズルかな!?

も、もげたっ!

プリアンプの電源ソケットや使用している電源ケーブル、入出力端子にナノカーボン処理をしたら結構良くなったので、これに気を良くして、パワーアンプとのケーブルにも処理をし「パワーアンプとスピーカーのコネクターにもやってやろう!」となりました。

水曜日の夜、ちょっとCDを聴いてご機嫌になってからスピーカーの後ろに付いているパワーアンプを外し始めました。

スペースが十分でないので、今思えば広い場所に移してやれば良かったのですが、パワーアンプを外していたら手が滑ってパワーアンプが落下!悲しい
スピーカーに接続されているコネクターの根元がちぎれてしまいました。
あ~あ!

1b806e4e.jpg


オマケに基盤にハンダされていたケーブル2本も外れました。

このコネクターは純正でなく、秋葉で買ってきた小型でも金めっき処理がしてある日本製に変えてあるので、純正のコネクターを付けるとしても、スピーカー側のオスの方も交換しなければなりません。
さらに片チャンネルだけやると左右の音のバランスが崩れます。

ハンダをして元に戻る状況じゃないので、即あきらめ。

今度の土曜日にコネクターを2セット買って、緊急入院です。

そんなわけで今は片方のチャンネルからしか音が出ないので、モノラル以下の音楽環境です。
プリアンプにモノラルモードは付いていないし、プリアンプにもCDプレーヤーにもヘッドホン端子は外されてなくなっているし、予備に買ってあったアクティブ・スピーカーも先日オークションで売ってしまったし、どうやってもステレオでは聴けません。

しかたがないから、片チャンネルで聴いてもなんとか聴けるソフトだけ掛けて聴いてます。
今日はビル・エバンスの「ワルツ・フォー・デビー」(XRCD)
でもこれはこれで辛いものがあります。

プリアンプにナノカーボンを使ってみたら...

5月にスピーカーのパワーアンプ部の電源ケーブルを直結して音が良くなったので、今回はプリアンプも同様にやろうと思いつきました。

早速先週土曜日に子供二人の動きに注意しながら(ヘタに公開するみつかるとジャマされる)、こそこそとプリアンプを外して、ケースから外に出し、どうしようかと検討を開始。

4b90ecbd.jpg


しかし良く見るとケーブルを差込むソケットとスイッチが一体となっているので、直結するとなるとスイッチを別に設けるか、従来のソケット&スイッチ部分を加工しなければならないことがわかり今回は断念することに。
開けたついでに電源回りを良く見てみるとハンダの弱そうな部分があったので補強をしておきました。

せっかく開けたのにこれくらいで元に戻すのは悔しいし、どうやら邪魔されずに済みそうな周囲の状況なので、「何かないか?」とふとラックを見ると、クルマのプラグに塗る「ナノカーボン」があったので、電源ソケットに塗ってみることにしました。

67e8ac25.jpg


なんだか最初の計画からズレて、さらに用途違い!?にまで連なり「なんだかなぁ~」という感じですが、「毒を食らわば...」というわけで、入力端子の一部と出力端子にもやってみることに。

以前、クルマのプラグに処理した時にはあまり効果を感じなかったので「おまじない」程度の気分でやりました。

さて元に戻して早速音出しをしてみると、「結構いいじゃん!」
直結ほどの違いはありませんが、密度が濃くなった感じとしっかりした感じがします。

これはクルマのオーディオにもいいかもしれません。
もちろん電源系にも。

以前プラグに処理した時にはあまり変化が感じられませんでしたが、塗る量が少なく、オイルだけを塗っている状態だったのかもしれません。

ナノカーボンのパッケージには「最大で35%改善」と書いてありますが、数値はともかく、変化はあります。
処理としては塗るタイプなので、カーボンはオイルに混ざっている形になり(スクワランオイル)寿命が気になります。(説明には半永久的と書いてありますが)

さて、数日間慣らしで音楽を聴いて、水曜日「結構いい感じだ~!」ということで、パワーアンプとスピーカーの間のプラグにもナノカーボンを塗ってみようと思いつきました。

(次の記事に続く)

醤油を買いに 福来醤油

「日本人で良かったな~!」と思うことがいくつかあります。

たとえば露天風呂、うなぎ、刺身、寿司(なぜか食べ物に行く!)

醤油の香りもそのひとつ。
醤油は万能ソースとして海外でも使われているそうです。

我が家でここ数年使っている醤油は近所にある「福来醤油」です。

地元の醤油屋さんなのでとてもマイナーですが、香りが良くてとても気に入っています。
刺身、納豆、タマゴ料理、今の時期だとサンマにもいい感じです。
焼いた餅につけても最高!

我が家の在庫もなくなりつつあるし、月面車仲間のakiさんにも頼まれたし、ちょっとお土産用にも買っておきたいので買いに行ってきました。

この醤油を知ったのはテレビの「ぶらり途中下車」でこの工場を訪問していたからなのですが、どこで売っているかわからず、商店街で売っていそうなところに聞いてみたら「前は扱っていたけど今は...。場所は○○消防署の方だから行ってみたら?」と言われ、行ったのが始まりです。

しかし、今思えば「よくもまあ一発で見つけたなあ」と思う場所にあり、「よくもまあクルマで入っていったなあ」という場所にあります。

初めて行った時、狭い道を適当に入っていったら一発で看板を見つけました。
こりゃラッキーだと喜んだのですが、それからが大変でした。

a11d17b5.jpg


消火栓の看板に「福来醤油←ここ入る」とあります。
しかし...。

その曲がるところはこの道路の左の壁にブルーの箱が見えるところなんですが、曲がろうとしたら狭くて曲がれない!
どうやってもぶつかるほどの狭さと角度。
何しろ画像のこの道でさえこの広さなんで停めておくわけにも行きません。

仕方なく一旦通り過ごしてバックで入ることにしましたが、それでも結構キワドイ狭さ。
ただでさえ後方視界なんぞ考えていない月面車を、バックさせて恐る恐る狭い道を入っていくと看板と門が見えてきますが、この門の中に入るのも狭くて大変。
数年前に向かいが駐車場になったので少し門の中に入れやすくなりましたが、それでも結構気を使う狭さです。
普段もとても狭い道を出入りしていますが、ここはバックということもあり難易度は上かもしれません。

で、福来醤油さんに無事到着した月面車。

b6ab3616.jpg


ここに降り立つと醤油のとてもいい香りがして、思わず「あったか~いご飯と海苔をくれ!」という感じになります。

「福来醤油株式会社」と書いてありますが、中に入るとお宅の庭先というロケーション。
作っているのは醤油のほかにめんつゆも。
原料は大豆、小麦、食塩、アルコール(他はなし)で本醸造。
昔の醤油のようないい香りがします。

今回は一升瓶3本と1リットルのペットボトルを3本購入。(これで約2000円)
一升瓶は我が家のとakiさん宅の空瓶を持参。リサイクルです。
新たに買うのはすでに洗浄した瓶に消毒して、その場で樽から詰めてくれます。
もちろんいい香りのもとの場所なので、なんだかたまらない気分です。

今回小さなサンプル瓶が目に付いたので、何本かいただけないかと話したら、ちょっとわけてもらえました。
今までは水の入っていたペットボトルや密閉できる瓶に小分けしていたりしたので、便利に使えそうです。

d56e14c9.jpg


このサンプル、欲しい、試してみたいと言う方3名様に差し上げます。
ただし、適当な時に手渡しが可能な方限定です。
コメントに書きこんでください。






業務連絡(11/8) 大7 小2

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ