CIMG0857

The Art Of Tea(1976)
Sleeping Gypsy(1977)
Burchfield Nines(1978)
Tiger In The Rain(1979)
One Bad Habit(1980)

8122-79691-9 Warner/Rhino

Michael FranksのアルバムはRichard Teeが参加しているのでThe Camera Never Lies(1987)だけ持っていました。
今回の5枚は初めて購入。(一部借りたことがありますが)

なぜ買わなかったかと言えば、他のRichard Teeの入っているアルバムを優先したからで、それにしても短くて33年買わずに放置とは放置しすぎ(笑

しかしこの間の技術の進歩でリマスター5枚が2000円。
さらにポイントで1000円引きということでアルバム1枚200円也。
果報は寝て待て的な結果。

それはそうと、 Michael Franksのアルバムは、この人の歌い方がちょっとダル的で揃っていて、一見どれを聴いても同じようなところがあります。
しかし、それがまたいいところでもあります。

さらに、各アルバムともバックのミュージシャン選びに手を抜いていない素晴らしさ。
この5枚の中には、

デビッド・サンボーン
スティーブ・ガッド
エリック・ゲイル
ジョー・サンプル
マイケル・ブレッカー
ウィル・リー
ジョン・トロペイ
ヒュー・マクラッケン
ジェリー・ヘイ
デビッド・スピノザ
ルーベンス・バッシーニ
クラッシャー・ベネット
ロン・カーター
デオダート
ポール・グリフィン
マイク・マイニエリ
ルー・マリーニ
リック・マロッタ
ルー・ソロフ
ジョージ・ヤング
エディ・ゴメス
ラリー・カールトン


こんなに多くの皆さんが。
これでダメなものが出来上がる方が不思議なくらい。

The Camera Never Lies(1987)を入れると、

リチャード・ティー
コーネル・デュプリー
ラルフ・マクドナルド
ハイラム・ブロック
アール・クルー
ジェフ・ミロノフ
スティーブ・ジョーダン
スティーブ・カーン
ブレッカーブラザース
パティ・オースチン


と、東西の職人ミュージシャン勢ぞろいという感じ。

けしてうるさくなく、癒しというか、のんびりというか、ちょっと甘い声で、バックがそれを引き立てる...。

「これぞRichard Tee!」とかは派手にはわからないけれど、じっくりと言うか、じわじわと言うか、通好みと言うか、そういったところが、チラリズム的で良かったりします。

・・・

野口五郎がアメリカ録音したのとこの5枚はほぼ同じ時期なんですね。
歌詞の内容は違っていて若い日本の女性向けですが、見事にメンバーは共通してます。
それくらいアメリカのPOP系はこういった職人ミュージシャンがバックの演奏を一手に引き受けていたってことであり、それに倣ったということだと思います。

結果30年経っても作品として「鑑賞に耐える」どころか、輝いているような気がします。