CIMG9433

しばらく前ハーレーに乗るAさんから「秋月で1Fのコンデンサーが100円だったので3つ買ってハーレーに付けたら調子が良くなりました!」と聞いたので、私も試してみたくなりAさんに連絡したところ「追加が欲しいので一緒に買いに行きましょう」となり、秋葉へ。

しかし1Fは売り切れらしく、しかたなく二人とも50V6800μFを購入。100円。
ちなみに50V-1Fはレジのサンプル&バーコード表では200円だったみたいです。

私は6個購入し、まずは2個作って月面車でテストしてみたところ良好な感じなので、50V-1Fのように売り切れては困るので、仕事のついでに秋葉に行った際に追加購入。
とりあえず欲張って(笑、10個タイプを作ってみました。

CIMG9454

CIMG9453

ダイソーでケースを買ってきてヒューズとフェライト、通電確認用青LEDとそれのON/OFF用スイッチも付けてバッテリーに接続。

早速試運転してみると、エンジン音が静かで太くなり、低回転でのトルクがさらに太った感じと高回転でも延びが感じるようになり、それでも音は静か...。
シフトチェンジが今までよりラフでも普通に走る感じです。

でも10個にしたからと言って2個の5倍の効果があるかというと、そういう感じでもないので、2個~4個ぐらいが適当かなと思います。

ちなみに車内のシガーライターソケットとオーディオの直結電源にはすでに1μF~6800μFまで各種付けているので、車全体としてみると容量の幅が広がった形です。
しかしこのうち6800μF4個は、スピーカーのアンプのコンデンサーを交換した際に出た20年前のものの廃物利用だったので、今回お役御免として取り外しました。

この状態で約5日経ちましたが、よりディーゼルエンジンのようなトルクの出方になり、渋滞などでも運転もしやすいので結構満足してます。
仕事で栃木往復350キロ以上を一日で走りましたが、ストレスレスな感じで、街中でも発進が楽になりとりあえずいいことづくめです。

最初に作った2個のものはさらに改良したので、次回紹介予定。