CIMG8022_1

今日は「工場見学のハシゴ」ということで、シャトレーゼサントリー白州工場に行く予定をしました。

次女は工場見学はしたことがないみたいで、ちょっとドキドキ?

途中というかちょっと行き過ぎて昼食をして、シャトレーゼの工場に入るクルマの列に並んでみたものの、工場見学中止ということで入れず、楽しみにしていた「アイスクリーム食べ放題」はボツに。

仕方ないので、すぐそばのサントリー白州工場に行くことに。

CIMG7981

こちらはスムーズに駐車場に到着して早速受付をし中へ。

CIMG7982

CIMG7983

ちょうどウイスキー工場と天然水工場のツアーに間に合ったので、見学開始。

工場内は広いし、たいしたことはないけれど山の斜面なので、移動はバス。
と言っても乗っているのは1~2分程度で、すぐ下車。

最初に行ったのはウイスキーの樽の貯蔵庫。

建屋に入るとウイスキーの臭いが。
私はいきなり酔っ払いそうになりました(笑

これは模型。

CIMG8030

貯蔵庫内。

CIMG7987

次女が見つけた自分が生まれた年の年号が入った樽。

CIMG7990

古いのは1979年とかもありました。

時々で見学する建屋が分かれているようで今回のウイスキー工場の見学コースは貯蔵庫のみらしく、次に行ったのは天然水工場。

白いきれいな建屋のホールの壁はこんな感じ。

CIMG8033

この建屋はソーラー発電をしていて現在の発電量を表示。
そしてこの表示板はPETボトルの再生材でできているそうです。

CIMG8034

エレベータに乗って3階に行くと生産ラインの説明を受けるところに到着。
説明を聞いた後、周りの液晶ガラススクリーンがぱっとオフになり、下の階の生産ラインが見えるようになってみんなびっくり。
しかし残念ながら生産ラインは停止していて整備中でしたが、ここは撮影禁止区域。
せめてPETボトルがどんどん流れているのを見たかったですねぇ。
この工場ではPETボトルの圧空成型から作っていて、ライン内も医薬品並みに衛生度を保っているそうです。

見学終了後はバスで試飲室に移動して、ウイスキーや天然水などの試飲。

入口のホールは樽のオーク材の香りがしてスピーカーの箱の臭いと似ていました。

案内されて中に入ると、おつまみをもらってカウンターで試飲する飲み物を受け取りテーブルへ。

CIMG7997

CIMG7993

CIMG7994

CIMG7998

ウイスキーは白州10年と12年が今回の試飲用。
その意味はそれぞれ10年12年以上のものでブレンドされているという意味で、中には18年とかも使っているとか。
香りを嗅がしてもらうとさすがに12年の方が深みがあるというか、フルーティーというかそんな感じでした。

CIMG7995

天然水は程よく冷えていて、ガラスのコップに入っているせいかペットボトルのを飲むよりおいしく感じます。
コレ飲んじゃうとPETのヤツは飲めないなぁ(笑
ノースの秘密の水の方が私は好みですが。

ここ以外に有料のバーもありました。

見学では、ここの水は花崗岩を通過した軟水で、森の保全から管理していること、常に品質の検査をしていること、東京ドーム64個分の広さがあること、ウイスキーはこの工場内で作ったものを「シングルモルト」と言っていること(樽単位ではない)、これを新旧取り混ぜてブレンドしていること、制服はPETボトルの再生材料を使用していることなどの説明を受けました。

天然水の生産について質問をしてみました。

「不良品は発生することがあるのですか?」
「時々あります。ラベルが曲がったり。」

「水の品質の不良で出荷できないことはあるのですか?」
「それは今まで一度もありません」
「う~ん!」

「原発事故の影響は?放射性物質の問題はないですか?」
「ありません。」
「う~ん!」

この後はお土産を買ってBachiさんとAさんは博物館へ。
次女はこんなことを。

CIMG8049

PETボトルのフタを溶かし細かくしたペレットを、糊のついた台紙に張り付けて絵を完成させる、エコの勉強を兼ねて作品作り。
意味がわかるのは親の方だけではないかと(笑
次女は几帳面にペレットを一つずつ貼っていて時間がかかるので、途中から私も手伝ってイルカの絵が完成。
お土産になりました。

時間も時間なので次の工場見学へということで駐車場に戻るとこんなクルマが。

CIMG8000

フィアットのキャンパー。
名前不明。

そして次の工場見学場所に移動。

CIMG8002

CIMG8003

久しぶりにやってきました山梨銘醸(七賢)。

もうすぐ閉店の時間でしたが明治天皇が泊られたという部屋を初めて見せていただきました。

なんでも当時以降、ずっとそのまま保存して、終戦後見学できるようになったとか。

この部屋にベッドを持ち込まれて就寝されたそうです。

CIMG8007

唯一置いて行かれたのが夜と朝に使われた箸だそうです。

CIMG8006

部屋から庭の眺めの一部。
富士山を模した石が置いてあります。
他に松や梅なども。

CIMG8080

裏からの眺めの一部。
四角い石は裁きを受ける悪者が座るところだそうで、こうして見下ろすのは「遠山の金さんの気分」。

CIMG8009

ここでも私は試飲はできないので水だけいただき、次女はあちこち撮影。

CIMG8078

CIMG8079


CIMG8083

CIMG8084

CIMG8061

CIMG8062

CIMG8094

七賢の番犬?「セブン」
晩酌するってホント?

CIMG8096

次女は、夏こそのアイスクリームの食べ放題ができなかったのは残念ですが、二つの工場見学ができたのは良かったのではないかと思います。

CIMG8027

「八ヶ岳と夏の空」 次女撮影。