CIMG0155

100円ショップで見つけた「マグネットスイッチ付き LEDライト」。

ちょっと便利そうだし、部品として使えそうなので買ってみました。
ぱっと見、作りも良さそうです。

電源はボタン電池LR44が3個。
光源はLED2個。

電池を本体にセットして点灯するとこんな感じで光ります。
右の細長いのがマグネットで、これが2センチ位離れると点灯します。
マグネットスイッチと本体の裏面にはテープが貼ってあって、このままドアなどに貼れば使えます。

CIMG0156

表面のカバーの裏面には溝が切ってあって、結構拡散した光が出てきます。

CIMG0157

↑暗くしてチェック。
これで見ると明るく、結構ムラなく光っているように見えますが、肉眼で見ると結構光り方にムラがあります。

例によって興味津津で分解。

CIMG0158

マグネットスイッチ部分は基板に付いていて、簡単な作り。
回路に抵抗やダイオードは使っていません。

CIMG0160

この状態で光らせるとこうなります↓

CIMG0161

LEDの光は直進性が高いので反対側の面が多く光っています。

で、ケースを良く観察してみると、LEDがもう少し奥に向けて傾きそうです。
試しにやってみると、

CIMG0162

こんな感じでムラが減りました。
手前に出てきている光が増加してますね。
銀テープを貼ったらもっといいかも。

本体の材質はABSで、材料も悪くなさそうです。
基板もなかなかきれいにできてます。
作りも悪くないのでこのまま使うのが一番かもしれません。

クルマの車内なら、グローブボックス、サンバイザー、リアゲート、ドアコーテシランプなんかに使えそうです。
月面車の場合はリアハッチを開けた時に点灯するようにすると、リアトレイの上が照らされていいかも。
明るさが欲しければ複数使ってもいいかもしれません。

CIMG0163