CIMG9880

先日れっさーさんにいただいたシガラーターソケットは内部にコンデンサーが入っていて、しばらく走ってみて様子を見たところ、やはり2000回転以下のトルクが増したような感じがしています。(プラシーボ!?)
やはりホットなんちゃらのような効果がある感じですかね。

で、今更ながらですが、バッテリーに付ける怪しい箱を作ってみました。

コンデンサーは秋葉秋月電子で調達。
2.5V-25Fを6個。3000円。
他に100円ショップでケース、黄色い帽子の店で端子とケーブルとヒューズボックスも調達。

CIMG9874

いろいろ考えこんな形にしてみました。
コンデンサーでヒューズボックスを挟む形にしてショート防止。
ハンダごてでケースに穴を開けてコンデンサーとヒューズボックスをハンダしたものとハンダ付け。
構造的にほとんど空中配線(笑

CIMG9875

小一時間で完成。

CIMG9877

早速余っているヒューズを取り付けバッテリーに接続。

しかし7.5Aのヒューズはパシっと切れました(笑

気を取り直して15Aのヒューズに差し替えてもう一度バッテリーに接続。
今度はヒューズも切れず無事接続完了。

コンデンサーもケーブルも慣らしがいると思うので、効果を発揮するのはしばらくしてからと思いますが、1週間ほどたった今、とりあえず低回転でのトルクアップはあるようだし、オーディオの音がすっきりした感じがしているのとヘッドライトが明るくなった感じがしてます。
他にエアコンの送風機の音も小さくなった気がします。

心配事もひとつ。
ケースのフタの耐熱温度は70℃。
ケース自体は120℃なんですが、フタは柔らかい材料でないとダメなのでしかたないですね。
ときどき点検することにします。
まあ2個で100円なので、ダメになったら交換という手もありますが。

それにしてもバッテリー回りがかなりごちゃごちゃしてきているので、そろそろ整理したいところです。