「ガレージ再突入」の時においしかった「酔っ払い鶏」をなぜか思い出し、ふと思いついて作ってみました。

詳しい作り方は知らないので、知識を総動員して材料と作り方を決定。
しかも足りない材料(紹興酒)もあるので、あるもので作ることにして、失敗を恐れて今回は量は少なく(笑、「試作」ということで、わかる人にはわかる「900番台」。

材料は鶏の胸肉(小)、地元産長ネギ約半分、七賢の日本酒、西海亭のラーメンのたれ、にんにく少々、生姜少々とほとんどが自宅にあったものと残り物。

勝手に考えた作り方は、鶏の胸肉を一口大に切り、お湯を沸かして7~8分蒸して、ラーメンのタレ(50cc程度)と日本酒(100cc程度)に、刻んだ長ネギとにんにくと生姜を入れて混ぜたものに入れて寝かす、だけ。
タレと日本酒の量が少なかったので、気が付いた時に器をグルグル回して適当に材料に染み込むようにしてみました。

というわけでタレと日本酒の量も適当ながら寝かす時間も適当。
出来上がりも適当で、ネギが柔らかくなったら完成と決めて結果一日半。

長女に試食させたら「何か足りない」というのでタレを若干追加。
確かに食べてみると味が薄かったのでタレは足して正解でした。

出来上がり写真。

9125a53a.jpg

2918b27c.jpg


香りはガレージのもののように紹興酒の香りはなし。
味は中まで染みていて合格。

早速今夜はこれをおかずの一品にしました。
暖かいご飯にピッタリ。

今日紹興酒を安く入手したので、今度は910番台を作る予定。
鶏肉もささみあたりにしようかな?