27fdca0c.jpg


セニックにも使えることが分かったカングー用CDプレーヤーですが、CDが演奏できるか確認してみることにしました。

チェックするのにディスクを用意したのですが、このまま飲み込まれてはディスク1枚パーになる可能性があるので、考えた結果、ダメ元でこのCDプレーヤーをバラしてみることにしました。

24c7e9ae.jpg


天板を外しました。

そしてメカの金属の隙間からレンズの場所を探りクリーニングしてみると...

6a5a87c8.jpg


右がクリーニングした綿棒、左は未使用の綿棒。

「CD不調」の原因はおそらくこれではないかと。

ついでなのでメカを外してメカと基板のコネクター部分、メカがCDを飲み込む部分のクリーニングもしておきました。

c62b6d4d.jpg


このプレーヤーの基板には「PHILIPS」と印刷された部品がいくつも付いています。
メカ自体ほとんど金属製でかなり丈夫そうです。
当然重量も嵩みますが、これがまた音にも効いてくるはずだし、プラ製に比べて温度変化にも強いはずです。
丈夫とはいえ、こういう時の取り扱いはもちろん注意が必要です。

ついでにフェイスパネルが外れるかどうか(セニック用本体と入れ替えできそうか?)やってみたところ、外れました。

30ed9766.jpg


ということでセニック用と入れ替えはまず大丈夫そうですね。

この後は元通り組み立てて月面車にセットしてCDのディスクを挿入してみましたが、無事演奏開始!
取り出しも問題なく「復活」です。

数日間クルマ使用時にCDをかけていましたが問題なく再生していたので、これでしばらくは使えることでしょう。

もちろん確認ができたので、本来の月面車用のCDプレーヤーに戻しました。