先日新型カングーをちょっと見てきました。

a665a27c.jpg


新旧並ぶの図↑。

やはりあの黒いサイドアンダミラーは付いていました。
輸入されたときにすでに取り付けられて入って来るとか。
バンパーの一部が黒の樹脂なのはいいかも。

乗用車ライクになったインテリア。
どことなく中央部を中心にベースのセニックに似ているような。

d2b197ae.jpg


カーゴルームのランプは室内と同じもので結構明るいです。
スイッチが生かされているのは○。(不必要な時はOFFにできる)
バックドアは中からも開けられますね。
画像はトノボードが中段の状態。

db1e8f24.jpg


リアスライドドアのパワーウインドウスイッチはこんなところに。
エアコンの吹き出し口が床面だけでなくコレオスのようにここにもあるといいですね。

c120b955.jpg



フロントガラスのワイパーは右ハンドルに合わせてありお利口さんです。

スタイル的にはハッチバックの方が好きですが観音しか輸入はありません。
ハッチバックはセニックのように窓だけ開けられると狭い場所でも場所を取らず便利そうですが、カタログ写真を見る限り開かないみたいです。

今回はあまり詳しく見られませんでしたが、コレオスよりオリジナルルノー濃度があるような気がしました。(車内の臭いも含めて!)

ベースがセニック(5人乗り)と考えると、エンジンが1.6Lとしても価格は頑張っていますね。(MT219.8万円、AT229.8万円)
それにMTがあるのが◎。

大きさ、特に幅は広くなりましたが、カングーの皮をかぶったセニックと思えばいいのかも???