5/25日は朝から大雨でしたが、久し振りに氷川丸に行ってきました。

2bfc4d56.jpg



氷川丸は一昨年末に一旦閉館し、リニューアル工事が行われ今年4月終りにめでたく再公開されました。

9c9ad934.jpg

982ae446.jpg


入館料なんと大人200円、子供100円!


早速あちこち船内を巡ってみると、以前と比べて飾りも減ってシンプルに氷川丸の見学ができるスタイルになっていました。
「歴史のある船である氷川丸」を見てもらいたいということだと思います。

e3c34af6.jpg


私たち夫婦が披露宴をさせてもらった一等ダイニングサロンは、テーブルがそれらしく並べられ、就航していた当時の食事もサンプルで再現されていました。
スピーカーからは古いジャズが流れ、皿のぶつかる音や食事中の乗客の話声なども小さく流れて雰囲気を出していました。

リニューアル前の様子はこちら

実は今回は私たちの後にここで結婚式を行った従弟一家も合流。
子供達(♀4人! 2歳~11歳)は、大人達の思い出話をよそに、ぎゃ~ぎゃ~走り回っていました。

b79e13e2.jpg


船長室や操舵室にも行ってみました。

b352aeca.jpg


ここには大宮の氷川神社のお札が神棚に飾ってありました。
これを見たら一度行って拝観しなくてはいけないかも。

e13e2eaf.jpg


これは機関室。
ガタガタ音がして揺れる装置は撤去されたのか静かな状態でした。

ca87bcf3.jpg

2bbc59c1.jpg


ここでしか見られないというデンマークB&W社製エンジン。
動かなくても、いつまでも保存されてほしいものです。

59089788.jpg


この日は氷川丸が誕生して78年と30日。

私たち夫婦と従弟夫婦がここで結婚式を挙げたということで、この日は新聞社の取材を受けました。
双方結婚当時の写真等を持ち込んで1等ダイニングサロンで記者の方からインタビューを受け、思い出の場所で全員で記念撮影。
記事の掲載はいつだか分りませんが(ボツになるかも)、記念撮影だけでもいい記念になりました。


横浜のシンボルの一つである氷川丸がいつまでも大切に保存されることを願っています。