S田さんがオークションで入手したということで、「GORO IN NEW YORK/異邦人 野口五郎」を預かりました。
で、例によってCDRに落とすことに。

実はこのアルバムはずっと前から聴きたかったんです。

5012a17c.jpg


NY録音ということでジャケットを見てみると、かなりすごいメンバーです。
残念なことにSTUFFのメンバーは誰もいませんが。

216938e2.jpg


針を下ろすといきなりサンボーンが!トロペイが!!!

通して聴いてみると、今聴いても古びていない作りですね。
やはりミュージシャンがいい仕事してます。
同じ野口五郎のアルバムでも、西海岸で録音されたものより堂々とした印象です。
特にストリングスとホーンセクションでNYを感じさせます。

ジョン・トロペイとか、デビッド、スピノザとか、ジョン・ファディスとか、トニー・レヴィンとか、ジーン・オーロフとか、ブレッカー・ブラザースとか、いい仕事してますねぇ。

ソロが、収録時間の関係か、短いのが残念です。

オマケにこんなのが付いています。

add8721e.jpg


早速これも聞いてみると、野口五郎のヘタウマな語りなんですが、最後の最後にバックのサウンドをレコーディング中のスタジオの音が入っており、これがまた素晴らしい!
残念ながらすぐにフェードアウトになってしまうのですが、これに英語の歌詞を載せてレコーディングすればまだ使えますよ、きっと。

a37dda0f.jpg