4073c696.jpg

fddb06a9.jpg


月面車の場合、ドアを開けるとルームランプだけでなくリアのラゲッジルームのランプも点灯してしまいます。
荷物を出し入れする際には照明があるのは当然便利なんですが、人の乗り降りだけでも点灯するので、あまり無駄な電気は使って欲しくないと前から思っていました。

以前買ったLEDバルブが手元にあるのですが、長さが短く固定に不向きで一度使ったきり外していました。
でももったいないので、加工してラゲッジルーム用に使うことにしました。

さて長さが足りないのをどうするか?

いろいろ考えたのですが、手元にあった100円ショップものの銅のシート「虫ヨラズ」を使うことにしました。
これをカットしてLEDバルブの電極にハンダ付けして長さを稼ごうというわけです。

ユニットを外し取り付けるLEDバルブと「虫ヨラズ」を並べた状態。

c52f7fee.jpg


早速自宅でへっぽこハンダ付け。

04c98333.jpg


ひどい取り付け状態(笑

843b7081.jpg


それでもガタはないので数日して月面車に持って行き取り付け。
しかし、点灯せず!
逆向きに取り付けたら点灯したのでほっと一安心。
しかしあまりに出来上がりがよくないので、向きを変えるのに一苦労でした。

元通り取り付けし点灯させた状態。

fc671077.jpg

a9a28062.jpg


発光が少し青いですが、まあ省エネできたのでOKです。
明るさはバルブのときと同程度です。

場所の移動も考えたのですが今回は見送りました。

それにしてもハンダは面倒なので、さらに色々考えたのですが、これについては続編で。