今回の出張は土曜日に成田空港近くに前泊し、日曜日午前成田発午後香港着、そして香港の空港から乗り合いバスに乗って梅林近くのイミグレーションを経由してシンセンのホテルに向かいました。

出発日はちょうど台風が来ていて離陸するかしないか微妙なところでしたが、なんとか離陸。
台風の真上を飛んで行きましたが、揺れはほとんどなく快適?でした。

ce5cefed.jpg

4c455cc9.jpg


九州の川は濁流の色。

香港に着くとムワッっとした暑さ!
36度くらいだそうです。

一緒に行ったのは会社の上司と、香港の空港に迎えに来てくれた台湾人と香港人の方2名ですが、二人とも日本語OK、中国語も北京語、広東語OKで心強いです。

ここでペットボトルの水をもらったのですが、台湾の人がキャップをねじったら、なんと飲み口に泥のようなものがベッタリ!
早速中国クオリティを見せつけられました。
ちなみに私は飲まないので自分の分を譲りました。

662a5736.jpg


空港から大陸に向かう道の橋。

橋の向こうはトンネルで、ずっと走るとイミグレーションに到着。
イミグレーションでは香港出国?し中国に入国する手続きをしますが、1回の出張で2カ国にいったような感じになります。

香港は左側通行右ハンドル、中国は右側通行左ハンドルなので、イミグレーションで乗り換える乗り合いバスは運転手のいる場所が変わります。
乗り合いバスと言っても大きなバスではなく、エルグランドやアルファードの8人乗りがほとんどです。
ただし香港側はきれいなクルマが多いのですが中国側はちょっと古い車が多かったです。
それにフロントガラスにヒビが入っていたりする車も多くいました。

あとで考えてみたら、右側通行のところに行くのは初めてでしたが、なんとか運転できそうな気がしました。

1b7d82d5.jpg


イミグレーションを出たところにあった看板。

しかし、ここからまだ1時間くらい奥、シンセンでも香港寄りの都市の様な所ではなくさらに奥の方が目的地だとはこのときは知りませんでした。

言葉がわからないとどこでも大変です。
それにどんなところに拉致?されるのかもとても不安でした。

到着したホテルの付近はまだ新旧の文化が混在しているような場所で、交通ルールもあってないようなもの、信号が赤青両方ついていたり、両方消えていたり、やたら割り込みやクラクションを鳴らすクルマが多く、我先根性丸出しというか、クルマが自転車のノリで走っています。
人もスキあらば道路を横断するし、クルマが人に道を譲るとかもほとんどなく、大きな荷物をはみ出して積んだ自転車が反対車線をへいきで走ってきたり、バイクに4人くらい乗っていたり、メチャクチャです。

142b1dd2.jpg


この交差点は信号機が壊れています!

6ad37d56.jpg


なにかあったらえらいことになりそうな市場。

aeae6237.jpg

2b78a9f5.jpg

3c328bff.jpg


なんだか目を白黒させながらホテルに到着。

すぐ隣はボロボロの建物。

ロビーは空調も効いていて快適です。

早速チェックインして部屋へ(続く)