ひさしぶりにちょっと音を聴きたくなってMERIDIAN MLPプリアンプをつないでみました。

865e177b.jpg


このプリアンプは本体がプラスチック製でグレーの塗装?はネクステルです。
とても軽く、薄く、デザインが洒落ています。
電源は別体のトランスから一番左のユニットに供給されますが、トランスのデザインは洒落てません。

このプリアンプは構成が面白く、一番左のユニットと一番右のユニットの間に入力(入出力)モジュールを必要なだけ挟んで、左右からネジ止めして使います。

スイッチはフロントパネルが兼ねていて、フロントパネルの中はこうなっています。

9bbf6f7e.jpg


フロントパネルの左上を押すとオン・オフ(切換え)ができます。
CDを聞く時はCDと書いてあるモジュールのフロントパネルを押すわけです。
オンにしたときにどのモジュールで立ち上げるかの設定も一番左のモジュールでできるようになっています。

もう20年前の製品になりますが、こういったコンセプトの製品は出てきませんね。

画像に写っている状態、TAPEモジュールはノーマルですが、AUX2個とボリュームのモジュールはノーマルではなく、チューンドもしくはちょっとチューンドです。
他に何個かモジュールがあるはずなのですが現在行方不明...。どこにいったのだろう?

1週間ほど暖めて今週から使っていますが、プラスチックとは思えないキリリとした音がします。
アクティブスピーカーM20には、さすが同じメーカーの製品だけあって、いい感じです。

リモコンの機能はないのでCDプレーヤーの可変出力を接続してCDプレーヤーの方で音量調整ができるようにしています。

モジュールのスキマにGeMシールを入れたり外したりしてみたら、あら不思議!音が変わるよ~。