前回マフラーアースをしましたが、このたび本来やりたかった場所(1枚目の画像の場所)にも追加しました。

24d02f16.jpg


使用した材料は前回と全く同じです。

マフラーは繋ぎ目でボルトとナットでつなげられていますが、ナットが外れませんでした。
しかし改めて良く見るとボルトの長さが余っているのに気が付いたので、もともと締めてあるナットを外さずに別にナットを追加する作戦にしました。

しかしこれの取り付けの際に良く床下を観察してみると、2本付けられそうなので、思わずケーブルを追加加工して付けることにしました。

ボルトの錆はワイヤーブラシでできるだけ擦って取るようにしましたが、なかなか曲者。
あまりやるのも疲れるので適当なところでやめました。
使用したナットは以前別な加工用に買っておいたステンレスナットがあったのでこれを使用しました。

47e985e4.jpg


さて効果の程ですが、これまた変化アリアリ!
発進も楽になり、2000回転位から上のトルクが太くなったように感じます。

この場所にやりたかったのはOセンサーのそばだからという理由なのですが、思った以上の効果にムフフ!でした。

今日は月面車aki号がやってきて、以前加工したアーシングケーブルの一部引き直し(線材変更)と追加をしたので、一緒にこのアースを追加しましたが、効果の程はいかに...。